挙式・披露宴 チャペルウエディング 神前式 バンケットホール



神前式

公園入り口の大鳥居をくぐると、381の石段が続く。
その上に琴弾八幡宮の本殿があります。

この伝統と格式の高い神社は、
地元の方なら、幼い頃から何かとご縁がある場所です。

琴弾八幡宮には、こんな美しい伝説があります。

嵐の過ぎ去った夜、僧が海岸に出てみると、
1隻の舟で、琴を弾く者がおり、
「われは八幡大明神なり。宇佐より来たるが、
この地の風光、去りがたしと覚ゆ」とのたまう。
おどろいた僧は、神船と琴を山上に引き上げ、
社殿をつくり、琴弾八幡と名づけ、祭ったという言い伝えです。

嵐のあとの、静まり返った海岸。
夜の闇に、そっと浮かぶ小舟から、
美しい琴の音色が鳴り響く。
なんとも幻想的な風景を、うっとりと思い描いてしまいます。

日本の桜100選にも選ばれた美しい桜は、
幸せ色に染まる花嫁の美しさを
さらに優しく引き立ててくれるはず。

春には、満開の桜の下で集合写真を撮ったり、
赤絨毯を敷いた床机を並べて、
抹茶と和菓子でお客様を接待することも。
夏は、ひんやり冷たいグリーンティーなど
ジャパニーズスタイルのおもてなしがよく似合います。
季節の歓びあふれる、厳かな結婚式をお過ごしください。