kotohiki Style フラワーアレンジ ドレス 料理 ウエディング・アイテム
ムービー



料理

温かいものは、温かいうちに。
冷たいものは、冷たいうちに味わっていただく。
大勢の方をもてなす披露宴でも、料理人の「当たり前」を貫き通す。

高級素材にこだわる訳では、ありません。
新鮮な素材を使い、丁寧に包丁を入れ、
素材そのものの持ち味を活かして、
すべて手仕事で、料理に仕立ててゆく。
前菜には、ほんのり季節の彩りを加え、
食べやすい大きさに、品良く整える。
華美すぎる盛りつけは、似合わないと感じています。
当たり前のおもてなしですが、
お客様に「おいしかったよ。」と、お褒めの言葉をいただくことが、
何よりの励みになり、これまでこだわってきました。

観音寺はその昔、花街として栄え、
琴弾荘は大切なお客様をおもてなしする際にご利用いただき、
食を通じて、多くの方々に喜ばれてきました。
その頃から、琴弾荘の料理への純粋な想いは
変わることなく、受け継がれています。

ひとつ一つ丁寧に仕立て、最もおいしい状態で召し上がっていただく。
私たちの心意気が一番現れているのが、
この「料理」なのかもしれません。


一匹丸ごとを盛りつける伊勢海老の姿造りや、
地元の特産を活かした、やわらかな讃岐牛のステーキ。
讃岐の郷土料理でお祝いにはかかせない、鯛ソーメンなど・・・
瀬戸内の滋味や、旬の味わいを主役にし、
流行にとらわれないおもてなしを、心がけています。


小さなお子様や、ご老人などには食べやすいものを。
遠方からのお客様が多いときには、郷土の味わいを。
お客様が苦手なものは、食材を変えてお出ししたい。
新郎新婦には、事前に内見会にてご意見をお伺いし、
細やかなご要望まで、料理長が直接対応いたします。